cygwinの初期設定

会社PCが壊れて修理に旅立ったので、代替PCにcygwinをインストール…。と思ったところで、なに設定するんだったかさっぱり忘れていたので、断片化されたメモを集めてきたのでメモ。

U*nix風なディレクトリ構造にmount

mount c:\home /home/omae
mount c:\opt /opt
mount -c /

最後のはCドライブを cygdrive/c じゃなくて /c でアクセスするおまけ設定。 homeはホーム。optはJDKとかCygwin上で実行したい系コマンドをインストールします。puttyやMeadowもここ。

cygtermの設定

TERM = C:\opt\putty\putty.exe -load "cygterm" -telnet %s -P %d
TERM_TYPE = cygwin
PORT_START = 20000
PORT_RANGE = 40
SHELL = /usr/bin/zsh --login -l
ENV_1 = MAKE_MODE=unix
ENV_2 = HOME=/home/omae

puttyのcygterm設定

  • 端末 – 『オートラップモードを最初から有効に』をチェック – 『ローカルエコー』は「強制的にオフ」 – 『ローカルライン編集』は「強制的にオフ」 -端末 > キーボード – 『Control-H』をバックスペースキーに

screenをインスコ

http://cygwin.com/ml/cygwin/2005-06/msg00608.html からとってきたバイナリを、cygwinのrootディレクトリでおもむろに tar xjf。

あとは、必要なパッケージ入れておしまい。最近はlighttpdもパッケージになってたりするんですなぁ…。