ziguzagu.org

この記事は『トレタ Advent Calender 2016』 の9日目の記事です。開発メンバーの日々の試行錯誤がなんかいい感じにまとめられた記事が続く中、完全に箸休め感ある内容…。

今年もEmacs

4月にトレタに転職してから業務で主に使う言語をPerlからRubyにスイッチしたけど相変わらず Emacs 使い続けてる。 同僚が RubyMine つかってたのみてちょと挑戦したけどだいぶ脳内変えないといけなくていったん挫折…。 GUI な Emacs も挑戦してみたものの Emacs とターミナルとの行き来がどうにも手間でそちらも挫折…。 結局いままでどおり iTerm2 + tmux + (CUI) Emacs 使ってる状況で、これが加齢か…と感じずにはいられない…。

そんな感じで右往左往してた状況だったので、dotfiles 内にある Emacs 関係のファイルの今年のコミット数かぞえてみたら、

➜ git log --oneline --since=2016-01-01 | wc -l
233

➜ git log --oneline --since=2016-01-01 .emacs.d | wc -l
128

となって、dotfiles 全体で半分以上の変更だった…。意外になんかワチャワチャやってたので振り返る。

use-package

今年は use-package を使うようになって設定をまるっと書き直した、というのが結局一番コミットすうに貢献(?)したようだ。 今までゴミゴミ散乱してたやつがだいぶスッキリしたので精神衛生上だいぶ良くなった。特に helm 周りはこれで結構すっきりまとめれた印象。

(use-package helm
  :bind (("M-x" . helm-M-x)
         ("C-x b" . helm-mini)
         ("C-x C-f" . helm-find-files)
         ("C-c y"   . helm-show-kill-ring)
         ("C-c m"   . helm-man-woman)
         ("C-c o"   . helm-occur)
         :map helm-map
         ("C-h" . delete-backward-char)
         :map helm-find-files-map
         ("C-h" . delete-backward-char))
  :init
  (custom-set-faces
   '(helm-header           ((t (:background "#3a3a3a" :underline nil))))
   '(helm-source-header    ((t (:background "gray16" :foreground "gray64" :slant italic))))
   '(helm-candidate-number ((t (:foreground "#00afff"))))
   '(helm-selection        ((t (:background "#005f87" :weight normal))))
   '(helm-match            ((t (:foreground "darkolivegreen3")))))
  :config
  (helm-mode 1))

(色指定のスタイルなんかまざっとるな…)

Projectile

今更感ありつつも Projectile 使い始めた。これはだいぶ具合がよい。helm-projectilehelm-ag でさらに具合が良い。

(use-package helm-projectile
  :diminish projectile-mode
  :bind ("C-c p p" . helm-projectile-switch-project)
  :init
  (use-package helm-ag)
  :config
  (projectile-global-mode t)
  (helm-projectile-on))

最も使うのは helm-projectile-find-file と helm-projectile-ag で、helm-projectile-ag のお陰でコマンドラインに移動して ag する回数がまぁまぁ減った。 「まぁまぁ」にとどまったのは、helm-ag だとマッチした前後の行を表示できなくて、情報たりなくて結局コマンドラインにもどって普通に ag するということがあるというところで(でもあらためて helm-ag の README 読んだらなんか ag に渡すオプション追加できそうなのでひょっとしてできる?)。

ちなみに生 ag もあまり使うことなくて .gitconfig に以下のような alias 追加して git grep と 生ag の出力だいたい揃えてそちらばかり使ってる(gitで管理されてないものがもはやあんまりないし)。

[alias]
ag = grep --heading --break --line-number --color --show-function

Ruby

そう。Ruby を始めた。が、Emacs の設定はいままで使ってきた Perl ほど森っとしてない。

(use-package ruby-mode
  :mode ("\\.rb$" "Capfile" "Gemfile")
  :interpreter "ruby"
  :config
  (defun my-ruby-mode ()
    (custom-set-variables
     '(ruby-insert-encoding-magic-comment nil))
    ;; use flycheck with rubocop
    (setq flycheck-checker 'ruby-rubocop)
    (flycheck-mode t))

  (add-hook 'ruby-mode-hook 'my-ruby-mode))

(use-package ruby-end
  :diminish ruby-end-mode
  :init
  (add-hook 'ruby-mode-hook '(lambda () (ruby-end-mode t))))

(use-package ruby-block
  :diminish ruby-block-mode
  :init
  (setq ruby-block-highlight-toggle t))
  (add-hook 'ruby-mode-hook '(lambda () (ruby-block-mode t)))

(use-package rbenv
  :config
  (global-rbenv-mode))

(use-package robe
  :init
  (add-hook 'ruby-mode-hook '(lambda () (robe-mode)))
  (add-hook 'robe-mode-hook '(lambda () (ac-robe-setup))))

robe はいまのところそれほど役にはたってないかも。auto-complete と dabbrev の補完で概ね事足りてる感。

Cask やめて use-package + package.el へ

Emacs 25.1 にアップグレードしたら、会社の Mac でなぜか Cask でたしてるはずの load-path からまったく読み込んでくれないという現象に陥って、にっちもさっちも行かなくなった。 結局のところバージョン固定もしてないし使ってるパッケージは elpa、melpa に全部あるものだけだったので Cask は捨てることにした。代わりに use-package が package.el を透過的につかってくれるのを当てにして use-package のみで管理することにした。

(require 'package)
(setq package-enable-at-startup nil)
(add-to-list 'package-archives '("melpa" . "https://melpa.org/packages/"))
(package-initialize)
(unless (package-installed-p 'use-package)
  (package-refresh-contents)
  (package-install 'use-package))
(eval-when-compile
  (require 'use-package)
  (setq use-package-always-ensure t))
(require 'diminish)
(require 'bind-key)

コレ入れて Emacs 起動すれば自動でインストールされるし、あたらしいパッケージ使うときも use-package で設定書いて eval すればよし。バージョンアップも Cask でも雑にやってたのでそのへんの雑さは変わらず、Cask と use-package で2重管理する必要もなくなった。大変具合が良い。

まとめ

来年は RubyMine もっかい挑戦します!

転職して2ヶ月、つまり Ruby を始めてから2ヶ月がたった。正直まだあんまり慣れた感がない。とりあえず仕事以外では 2ヶ月で以下をやった。

  • Rails Tutorial を完走する
    • Ruby 大変そうだなということを悟る
  • Ruby 言語ミニマム』を読む
    • それなりに深く知ってる他の言語を持ってる人(自分の場合は Perl)向けのドキュメントとしては最高に良いものだった。
    • これのおかげでシンボルが理解できた。
  • 初めてのRuby』読んだ
    • これも良かった。今となっては対象としている Ruby バージョンが古い部分もあるけど、思想的なところに大きな差異はないと思われるし、2016 年においても価値のある書籍だった。
  • Effective Ruby』半分読んだ
    • Ruby も Perl と同じくやりたいことに対していくらでも書き方があるきがするので、この辺理由も含めて抑えることでよりよくできそうなのでさっさと読破したい。
  • ruby-style-guide
    • 一通り読んでなるべくこのスタイルを使うようにしてみてる。が、いくつか「えー?」と思うところもあったりする。虎穴に入らずんば虎子を得ずの精神で。
  • Emacs 設定
    • projectile 使い始めた(helm-projectile のほう)
    • ruby-mode はほぼいじらず、ruby-end、ruby-block を使ってる程度
    • flycheck で rubocop かけるとか
    • robe 入れたけどなんか動いてない

振り返るととにかく Ruby の文化的なものに馴染むこと中心にやった感じで、コードはそこまでたくさん書いてないかも。そして仕事では Ruby 書いているというよりも、Rails や RSpec 書いてる感が強く、Rails や RSpec は Ruby ではないまた別の何か感すらあって何やってるかわからん瞬間もある。も少ししたらなんかブレークスルーやってくるんだろうか分からんけど、積み重ねるしかないかな、という感じ。

息抜きで iTerm2 + tmux + Emacs な環境下でフォントをイタリック表示できるようにしてみた。

バージョンなどは以下の通り。

  • Mac OS X 10.11 (El Capitan)
  • iTerm2 v3.0.0
  • tmux 2.2
  • Emacs 24.5

terminfo

tmux 2.1 以降 screen-256color など screen- で始まる terminal を default-terminal として設定している場合はイタリック表示を無効にされてるらしいので、別の terminfo entry を作って指定する。FAQ の感じで。

$ cat tmux.terminfo
tmux|tmux terminal multiplexer,
    ritm=\E[23m, rmso=\E[27m, sitm=\E[3m, smso=\E[7m, Ms@, ncv@,
    use=xterm+tmux, use=screen,

tmux-256color|tmux with 256 colors,
    use=xterm+256setaf, use=tmux,

El Capitan のシステムの screen-256color だと underline も表示できていなかったので、それの表示に必要な(?) ncv@ もついでに追加。で、このファイルを tic -x tmux.terminfo としたいのだが、=xterm+tmux= も xterm+256setaf もシステムになかったりしたのでその辺りを ncurses v6.0 から持ってきて追加する。

$ cat xterm.terminfo
xterm+tmux|advanced xterm features used in tmux,
    Cr=\E]112\007, Cs=\E]12;%p1%s\007,
    Ms=\E]52;%p1%s;%p2%s\007, Se=\E[2 q, Ss=\E[%p1%d q,

xterm+256setaf|xterm 256-color (set-only),
    ccc@,
    colors#256, pairs#32767,
    initc@,
    setab=\E[%?%p1%{8}%<%t4%p1%d%e%p1%{16}%<%t10%p1%{8}%-%d%e48;5;%p1%d%;m,
    setaf=\E[%?%p1%{8}%<%t3%p1%d%e%p1%{16}%<%t9%p1%{8}%-%d%e38;5;%p1%d%;m,
    setb@, setf@,

xterm-256color-italic|xterm 256color with italic and underline,
    ritm=\E[23m, rmso=\E[27m, sitm=\E[3m, smso=\E[7m, Ms@, ncv@,
    use=xterm-256color,

で terminfo entry 作る。

$ tic -x xterm.terminfo
$ tic -x tmux.terminfo

iTerm2

iTerm2 で、イタリックフォントを有効にしつつ、Terminal の設定に xterm-256color-italic を設定。

tmux

次に tmux.conf で設定。

set -g default-terminal "tmux-256color"

これで、iTerm2 + tmux 上のシェルで italic 出てるか確認できる。

$ echo `tput sitm`italics`tput ritm`

Emacs

最後に Emacs。daemon モードで起動している場合は emacsclient を、そうでない場合は emacs コマンドを italic 対応した term 環境化で起動する感じ。

alias emacsclient="TERM=xterm-256color-italic emacsclient"

コメントをイタリックにしてみたの図。

悪くない。

参考

本日4月18日付でトレタに入社した。

長らく Perl を中心にフルスタックな形でやってきたけれど、今年は Ruby をメインにしつつサーバーサイドに集中して技術を磨きたい。

あと、有給消化期間に行ったシドニーひとり旅では予定どおり英語について打ちのめされた来たので、やはり英語は今年何とかしたい(シドニーはとてもよいところだったのでまた行きたい)。

がんばろう。

zaw には perldoc コマンドの補完候補を zaw source にする perldoc.zsh というのが標準で用意されてる。が、Perl なプロジェクトで Carton(もしくは cpanm -Llocal . とか)つかって local にモジュールいれないことはないし、コアモジュールだけ perldoc できても嬉しさ半減。本当に読みたい POD は local にあるのでそれも補完候補にいれたい。

function zaw-callback-perldoc-emacs() {
    local orig_buffer="${BUFFER}"
    BUFFER="emacsclient -t $(perldoc -lm "$1")"
    zle accept-line
}

function zaw-src-perldoc-local() {
    # global modules
    zaw-src-perldoc

    # local modules installed by carton into local/lib/perl5
    local -a carton
    if [[ -d local/lib/perl5 ]]; then
        carton=($(command find local/lib/perl5 -type f -name '*.pm' -or -name '*.pod'))
    fi

    candidates=($carton $candidates)
    actions=("zaw-callback-perldoc-view" "zaw-callback-perldoc-emacs")
    act_descriptions=("view perldoc" "open with emacs")
}

zaw-register-src -n perldoc-local zaw-src-perldoc-local
bindkey '^x^p' zaw-perldoc-local

(「vim で open」は用意されているが「emacs で open」がないので、それもないと嬉しささらに半減なので追加)

zaw は helm のような複数ソースには対応してないけど補完候補リストである $candidates 変数は上書きすることができるので、zaw-src-perldoc で生み出された $candidates に追加する感じ。cpanfile があるディレクトリで実行する前提の雑な感じで(自分的には必要十分)。

local の候補はファイルパス、コアモジュールは perldoc コマンドの補完ソースからとってくるのでパッケージ名ででてくる。

この投稿とは関係ないけど、zaw か peco かという点では zaw はカーソル位置のすぐ下に候補がでるので、

  • 視点移動がすくない
  • 画面大幅に書き換わらないので脳内コンテキストスイッチすくない

という2点が優れてるので zaw をずっと使ってるゾゥ。