Posts categorized "Book" Feed

Feb 25, 2010

もう Vol.55 が発売で、ついに周回遅れになってきたけど読んだ感想メモ。

photo
WEB+DB PRESS Vol.54
WEB+DB PRESS編集部
技術評論社 2009-12-23

by G-Tools , 2010/02/25

  • バッドシグナル通信 - #05
    • たぶん自分は無用な作り込みをするタイプ。
    • 達人プログラマー』にもあるけどそろそろ大人にならないといけない。
  • ALPHA GEEK に逢いたい - #22 Gitメンテナ濱野純さん
    • 何かひとつのことをずっと続けれるエンジニアになれるかしら。
  • Web サービス即日開発
    • アイデアの思いつきから実現、運用までを広く浅くといった感じでさらりと読んだ。
    • EC2 / S3 はそういえばいまだつかった事ないな...。
  • MySQL 無停止化計画
    • 今号のハイライト。
    • 基礎から始まり、冗長化、運用、HA、チューニングとひととおり。今までの記憶補助&強化になって良かった特集。
  • 大規模 Web サービスの裏側 - #5 ログ&データ解析
    • mixi は analog 使ってるのかぁ。
    • ログとデータの解析から導き出す small world 性とかなるほどなるほどだった。
  • SQL アタマアカデミー - #10 結合大全
    • 結合について復習って感じで読んだ。
    • けど、実際のところ INNER JOIN(相関サブクエリ含む)以外使うことないなぁ、最近。

とそんな感じ。

ActionScript や Ruby、PHP、Java なところは読みとばすか流し読み...。見識を広げるためにももっと言語いろいろ学習してみるべきだなぁ。

Dec 13, 2009

通勤電車でドラクエ9はじめたら読むのをすっかり忘れてしまっていたけどようやく読み終えた。ドラクエはクリアもしたし、クリア後の世界は収集癖のない自分には若干苦痛になってきたのでもうやめる。

photo
WEB+DB PRESS Vol.53
WEB+DB PRESS編集部
技術評論社 2009-10-24

by G-Tools , 2009/12/13

以下感想(書いていないところはほぼ読み飛ばしている可能性(短い記事以外))。

  • モダン設計入門
    • JavaScript / Flash / HTML5 と、自分にとっては苦手とも言えるフロントエンド分野のお話。
    • 5章立てで、4章までは実際にコードの例があったりしてフムフムと読んでいたものの、最後の締めの第5章が純粋に「設計」だけでコードはいっさいなくビビる。ていうか、設計がテーマだからね!
    • イベントドリブンな考え方が未だちゃんと身に付いていないのでもろもろ大変参考になった。
  • ヤフオク構築・運用ノウハウ
    • ヤフオクの歴史をシステム構成で振り返る。
    • 商品データを RDBMS 使わずファイルにして mmap にのせるとか(後にやめるけど)、すげーなと思った。
  • 速習サーチエンジン
    • 今号のハイライト。
    • サーチエンジンに使われている技術をぎゅっとひとまとめに、読んだ後は作れる気になる(いつものこと)。
    • 非常に面白かった。なんどか後で読み直すことになるであろう。
    • 数学的な話題もおおく検索技術の世界はなんだかアカデミックで妙なあこがれを抱いてしまう。
  • Developer's Perspective : Paul Graham
    • 『ハッカーと画家』とかのPaul Graham のインタビューとエッセイ1本。
    • おもろいおっさんだ。
  • JavaScript 活用術 : Google API を JavaScript から活用する
    • へー。使ってみる。
  • 大規模 Web サービスの裏側
    • DB 運用の実運用の話。
    • mixi では writeback 使ってるのか(最近はどこもそうなのかしらん?)
    • MySQL の設定こまかなところもなるほどなるほど。
  • Practical Ruby Programming!
    • Perl モジュールの移植に挑戦するってことで、Ruby でコードを書いたことがないけどなんとなく書けるようになったきにさせてしまう、ある意味人を(自分)をだめにしてしまう記事だった....。
    • Ruby もなんとなく読めるようになりたいねぇ....。
  • Recent Perl World
    • サーチエンジンのところと同じく脳内インデックスに投入。
    • 算術符号 / Range Coder / 有限文脈モデル / PPM / BWT。
    • 聞いたこともないものがほとんんどだけど「なぜ圧縮できるか?」という解説が理解を助けてくれた。

やっぱコードかかなきゃただの豚だなと思った。

Sep 30, 2009

ようやく全部読んだ。のの感想。

photo
WEB+DB PRESS Vol.52
WEB+DB PRESS編集部
技術評論社 2009-08-22

by G-Tools , 2009/09/30

  • 特集1「Java プログラミングの慣習」
    • Perl だとこうだな、JavaScript だとこうだなとあてはめつつさらりと斜め読み。
  • 特集2「Vim の流儀」
    • 華麗にスキップ。
    • だれか Emacs の流儀を。
  • 特集3「SSD 投入 DB基本解剖」
    • これが大変よかった、本当に。
    • SSD には SLC/MLC 2種類あるというのも初めて知ったし(汗)、RDBMS ので使われる基本的な構造とアルゴリズムについての解説、そしてそれが SSD 上でうごくことになるとどうなるか、のところもろもろ理解が深まった(気になっている)。
    • 3回読み直してかなりお腹いっぱいに。
  • 「マルチコア時代の並列処理アルゴリズム」
    • これもあつかった。
    • 並列処理の基本構成・概念・考え方なんかの基礎知識は、これである程度抑えられた気になっている(コードが書けるわけではない)。
  • 「テラスケールのデータベース運用〜設計編」
    • mixi での仕事のやり方が垣間見えたり
    • memcached + MySQL でバランスをとるところ(なんでもかんでも memcached にのせる訳ではない)とか、対角スケールの話が激しくためになった。
  • 「データ圧縮アルゴリズムの基本」
    • さらさらと。
    • 正直アルゴリズム本体についての理解はできてないけど、コレ使うとなにができるとかのポインタはたてたので心の隅に。
    • memcached に入れるときも圧縮できるものは圧縮するとメモリ節約になるかな、とか妄想。
  • WebKit
    • 面白そう
    • 前回、前々回あたりを読み直そう。
    • HTML パーサーの部分だけ引っこ抜いて、いろいろ難しいところもある(?)libxml と同じようにつかえないかな、と妄想。

なんか久々しっかり読んだいい号だった。