April 2013 posts

Apr 19, 2013

(Image|Graphics)Magick は resize 後の横縦サイズは小数部分(第1位であろう)を四捨五入している。らしい。

Distort Resize - free-form resizing

All the above resize methods all have one limitation which we touched on earlier, they will round the size of the new image to an integer number of pixels, then map the old image's pixels to the new pixel array.

http://www.imagemagick.org/Usage/resize/

なので、サムネイル画像を動的につくっているけど、その img 要素の width, height を事前に埋めたいときには、四捨五入して計算すること。で、うまくいっている風。

この前、さくらの VPS が落ちて再起動されてしまったのち、いっしょに死んだままだった MT を久々に起動するにあたり carton 化しようとおもって作った cpanfile。

Starlet は適宜使いたいサーバーに、Server::Starter、XML::LibXML は不要であれば外しつつ、MySQL じゃないひとは DBD::mysql も適当に変更して、carton install すればできあがり。

% carton exec -- local/bin/start_server --port 8000 --pid-file=log/mt.pid -- plackup -s Starlet --max-workers=2 --access-log=log/access.log mt.psgi >& logs/error.log &

みたいな感じで起動。しかし、ログローテートもしてないしあんばいがよくないので supervisor で動かすようにする。いつか...。

Apr 05, 2013

CPAN Module の変更点をサクッと調べる方法

というエントリーに反応してみるテスト。

僕は CPAN Module のバージョン間の diff をとるのに、search.cpan.org にある diff 機能を使う以下のようなやっつけスクリプトを使ってる。

たまに空のレスポンスが返ってきたりするけど....、これを less とか grep -A100 .pm とかなんとかにパイプしたりしなかったりしてコマンドラインで生 diff を確認。Cache::Memcached::Fast の 0.19 と 0.20 だったら以下の様な塩梅。

パッケージまるごとの diff なので README とか、MANIFEST とかの差分もはいっててノイズがまぁまぁあるといえばあるけど、目 grep で除外...。

metacpan っていまだによくわかってないけど(汗)、同じようなのあるかしら。